マスターバニーの契約ゴルファー・永野竜太郎プロ

1988年生まれの永野竜太郎プロは中学一年生で熊本空港CCのクラブ選手権で優勝してから、中学二年生で日本アマの決勝で素晴らしい腕前を見せて全国に名前を知らしめました。
その後2008年にプロへ転向してから様々な苦難を乗り越え、2016年は国内開幕戦は二試合続けて初日首位発進を飾りました。
そんなマスターバニーの契約ゴルファー・永野竜太郎プロがどのようなゴルフウェアの着こなしをしているのかチェック!


4U22SEJUMV

マスターバニーコーデ 永野竜太郎プロ


2017年6月1日に行われた日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ(1日目)永野竜太郎プロのコーデが素敵だったのでピックアップ!


クールマックス鹿の子ポロシャツ


胸元に帽子・花・マスターバニーのロゴが刺繍されている定番のデザインのポロシャツ。汗をかいてもサッと吸収してくれる機能素材を採用しているので、汗をかきやすい季節にもおすすめです。
カラーはイエロー・ホワイト・ピンク・ブルー・ネイビーの5色で、永野竜太郎プロはイエローをチョイスしていました。


ストレッチツイルパンツ


収縮性抜群で、しゃがんだり立ったりを繰り返すゴルフをする際にもぴったりなロングパンツ。前ポケットと尻ポケットにそれぞれ花・帽子・マスターバニーの刺繍がほどこされているのがワンポイントになっていて目を引きます。
永野竜太郎プロはネイビーをコーディネートに取り入れていました。


まとめ


定番ファッションでありながら、ビビットなカラーをチョイスすることでオシャレで人目を引くコーディネートをしている永野竜太郎プロ。
あなたもカラーにこだわって永野竜太郎プロコーデを真似してみては?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする